ノコギリヤシと相性のいい抗炎症成分

ノコギリヤシと相性のいい抗炎症成分

ノコギリヤシと相性のいい抗炎症成分

ノコギリヤシは植物性の素材で、前立腺肥大や尿トラブル、薄毛や抜け毛に効果があることで知られています。

 

単体でもこれらの効果を得ることができるのですが、他の成分と一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。ただし、相性の悪い成分と一緒にとっては逆効果になるため、注意してください。

 

ノコギリヤシと相性のいい成分はいくつかありますが、ひとつが「抗炎症成分」です。

 

抗炎症成分自体は炎症を抑える作用があります。実はノコギリヤシも同じく抗炎症作用があるため、一緒に摂ることによって、炎症系の病気予防になります。たとえば、前立腺炎などに効き目が期待できます。

 

抗炎症成分としては、「カボチャ種子エキス、オオバコ種子エキス、アスタキサンチン」などがあります。

頻尿

カボチャ種子エキスやオオバコ種子エキス

ノコギリヤシと一緒に配合されていることが多く、サプリメントによく使われています。とくに尿トラブル用のサプリメントに使われている傾向があります。

アスタキサンチン

頻尿

抗酸化作用にも優れていて、LDLコレステロールの酸化防止や動脈硬化予防などにもよく、生活習慣病対策にも期待できます。